<女性必見!>鉄分不足、鉄分がどれほど大切か?食事で摂取するのは難しいのか?

 

鉄分不足が深刻

 

1日にどれくらいの鉄分量が必要か?

 

男性 平均7mg

女性 平均10.5mg

 

年齢などによって多少の違いはでるものの目安としてはこのくらいです。

 

上記の数値を見てもわかるように女性の方が鉄分が必要です。これは、月経の関係で女性の鉄分不足が深刻になっているからです。

 

鉄分不足でおこること

めまい、イライラ、疲れやすい、動悸、頭痛など症状は様々です。また、鉄分は体内に酸素を運ぶ役割もあり、脳や各器官において様々な機能に関わっています。なんだか、体調が優れない女性は自分が鉄不足でないか確認してみるのが良いでしょう。

 

ヘム鉄と非ヘム鉄

食べ物の鉄分は「ヘム鉄」「非ヘム鉄」に体内で変化します。吸収率や役割にも違いがでてきます。

 

「ヘム鉄」

動物性たんぱく質の食べ物に多く含まれており、身体への吸収率は10〜20%と言われています。吸収率が良いため鉄分補給に効果的です。ヘム鉄が多く含まれている食品は、豚レバー・鶏レバー・牛もも赤肉・しじみ・あさり・カツオ・うなぎ・イワシなどの食品です。

 

「非ヘム鉄」

植物性たんぱく質の食べ物に多く含まれており、身体への吸収率は2〜5%と言われています。非ヘム鉄が多く含まれている食品は、ほうれん草・小松菜・ひじき・大豆(納豆など)・油揚げ・卵黄・切り干し大根などの食品です。

 

鉄分補給だけを考えると「ヘム鉄」がいいように思いますが、植物性たんぱく質の中には「葉酸」も多く含まれており大事な成分となっているので、「ヘム鉄」「非ヘム鉄」をバランスよく摂取するのを心がけた方が良いでしょう。

 

食事で摂取するのは難しい⁉︎⁉︎

鉄分を多く含む食品を紹介しましたが、食事だけで鉄分の目安量を摂取するのは非常に難しいことがわかっています。なぜかというと、鉄の吸収率の低さと現代人の食事の偏りが大きな要因とされています。普段、生活しているだけでも鉄分は体内から排出されているので常に鉄分不足なのです。

 

サプリメントで補助するのもあり?

今はいろんなサプリがあります。食事の偏りをなくすためサプリで補う人も増えています。食事で摂取するよりもコスパも良いのでお財布にもやさしいのが事実でが、サプリだけで補うのは完璧とは言えません。あくまで補助として摂取するのをおすすめします。もちろん鉄分のように不足が深刻なのに関してはサプリを使うことを強くおすすめします。

 

〜おすすめサプリ〜

 

女子のおまもりサプリ 鉄+葉酸

 

こちらは、鉄分と葉酸どちらも摂取できます。長く継続できるようコスパも考えられており、女性のための鉄分サプリとなっています。また、鉄はビタミンCと一緒に摂取することによって吸収率が上がることがわかっており、このサプリはビタミンCも配合されているのでサプリを何個も買う手間がかかりません。女性のための成分配合になっているので一度、試してみて身体の変化を確認してみてください。少しでも不調や身体の調子が良くなるのであれば、鉄分不足が原因ということです。

 

まとめ

身体の不調は慢性化していると、なかなか気づかないものです。現代人は食事の偏り、ストレス、運動不足と様々な要因が重なり不調がおきています。もう一度、環境を見直しながら健康的に生活していき前向きに生きていきましょう。